願掛けは気の持ちようです

開運印鑑イメージ

印鑑を持っている人に聞いてみると、開運印鑑だと自慢している人がいるようですが、本当に、その印鑑を持つだけで運が開けるのでしょうか。

姓名判断をして、吉相体で印鑑を作って、幸せな人生が送れるのであれば、全員がその印鑑を買うでしょう。

しかし、そういった印鑑というのは、願掛けの一種なので、姓名判断をしなくても、持つことができるのではないでしょうか。
願掛けとは、一種の気の持ちようみたいなものでしょう。

そのため、印鑑を作る時に、ちょっと良い印材を選び、未来への自分にプレゼントする気持ちで作るだけでも、開運印鑑だと言えるのではないでしょうか。

そして、こうした開運という言葉を使い、訪問販売をしている方もいらっしゃいますが、インチキとまでは言いませんが、通常の何倍もする値段で売っていることが多いので、これはこれで気を付けたほうがいいでしょう。

占い印鑑屋と呼ばれるところもありますが、ここも訪問販売と同じで、通常よりも高い値段で、印鑑を売ってきますので、占いや風水などを、あまり信じていない人であれば、買わないことをおすすめします。

そうしてみると、開運印鑑と言われるものは、自分だけの力で持つことが出来ると感じませんか?

言葉巧みに開運だとか言われて、印鑑を高い値段で買うより、自分で調べてみたり、使い心地などの口コミを読んでみたり、何より、その印鑑を持っている、将来の自分が想像できるかだと思います。

印鑑を作るということは、自分の分身を作るということですので、そうした願掛けをしてみるのもいいのかもしれません。

ページの先頭へ