スタイリッシュなシャチハタ

スタイリッシュなイメージ

シャチハタを作る時、何かこだわりを持って作ったことはありますか?と聞いてみると、特にこだわりは持っていないと答える人が、たくさんいました。
それはなぜかというと、実印や銀行印とは違って、手軽に使うものであり、既存品がたくさん存在しているため、こだわりを持つ必要がないと感じているようです。

しかし、シャチハタと一括りにしても、たくさんの種類のシャチハタがありますので、それは、少し寂しい感じもします。
シャチハタの使用頻度を考えると、実印とは比べ物にならないくらい、使う回数が多いものなので、少しおしゃれなシャチハタを持ってみてもいいのではないでしょうか。

印鑑を作る時と同じで、シャチハタも書体を選ぶことができます。
他にも、印材はプラスチックのものですが、デザイン性を含んだ印材にすることも可能なのです。

例えば、好きなキャラクターものにしてみたり、デコレーションのしてあるシャチハタです。
デコレーションのしてあるシャチハタは、流行でもあり若い女性に人気があります。

さらに、インクの色も、いつもの朱色ではなく、グリーンやパープルにすることだってできます。
印鑑は朱肉の色が、朱色か黒しかないイメージですが、シャチハタは、とてもカラフルな色が選べるのです。

それなのに、シャチハタを買ったり、作ったりするときに、特にこだわりを持たないなんて、もったいないような気もします。

いつも使うシャチハタが、ちょっとかわいくなっていたり、スタイリッシュなシャチハタになっていたら、使うたびに、気分も変わって楽しめるのではないでしょうか。

ページの先頭へ